2015年04月20日

[リョサの本] 都会と犬ども

都会と犬ども
都会と犬ども
posted with amazlet at 15.04.13
マリオ バルガス=リョサ
新潮社
売り上げランキング: 314,971


内容(「BOOK」データベースより)
厳格な規律の裏では腕力と狡猾がものを言う、弱肉強食の寄宿生活。首都リマの士官学校を舞台に、ペルー各地から入学してきた白人、黒人、混血児、都会っ子、山育ち、人種も階層もさまざまな一群の少年たち=犬っころどもの抵抗と挫折を重層的に描き、残酷で偽善的な現代社会の堕落と腐敗を圧倒的な筆力で告発する。’63年発表。
posted by ブラックコーヒー at 20:00| 埼玉 ☔| 書籍情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

[リョサの本] ラテンアメリカ五人集 (集英社文庫)

ラテンアメリカ五人集 (集英社文庫)
ホセ・エミリオ パチェーコ カルロス フエンテス オクタビオ パス ミゲル・アンヘル アストゥリアス マリオ バルガス=リョサ
集英社 (2011-07-20)
売り上げランキング: 336,788

内容
ラテンアメリカ文学の幅広い魅力を凝縮
愛への強い羨望から鬱屈した青春を送る少年と仲間たちを描いたバルガス=リョサの『小犬たち』を始め、強い光を放つ短編、詩を収録し、ラテンアメリカ文学の広く深い魅力を凝縮する1冊。
posted by ブラックコーヒー at 00:00| 埼玉 ☔| 書籍情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

[リョサの本] 継母礼讃 (中公文庫)

継母礼讃 (中公文庫)
継母礼讃 (中公文庫)
posted with amazlet at 15.04.13
マリオ・バルガス=リョサ
中央公論新社 (2012-10-23)
売り上げランキング: 306,489


内容(「BOOK」データベースより)
あどけない美少年フォンチートに翻弄される継母ルクレシア、妻を女神のように崇拝する夫のリゴベルト。密やかに、優雅に進行する危険な三人の関係と、神話や絵画から紡がれる幻想が重なり合い、思いもよらぬ結末へと導かれていく。ノーベル賞作家が描く、香りと色彩に充ちた華麗なエロス的世界。
posted by ブラックコーヒー at 00:00| 埼玉 ☔| 書籍情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

[リョサの本] 密林の語り部 (岩波文庫)

密林の語り部 (岩波文庫)
バルガス=リョサ
岩波書店
売り上げランキング: 128,658


都会を捨て、アマゾンの密林の中で未開部族の「語り部」として転生する一人のユダヤ人青年……。インディオの生活や信条、文明が侵すことのできない未開の人々の心の砦を描きながら、「物語る」という行為のもっとも始原的な形である語り部の姿を通して、われわれにとって「物語」とはどのような意味を持つのかを問う傑作。
posted by ブラックコーヒー at 19:00| 埼玉 ☔| 書籍情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月15日

[リョサの本] アンデスのリトゥーマ

アンデスのリトゥーマ
マリオ・バルガス=リョサ
岩波書店
売り上げランキング: 694,686


苛烈な〈革命〉の嵐吹き荒れるペルー。『緑の家』のアマゾンとは一転、テロリストの影に怯えながらアンデス山中に駐在する伍長リトゥーマと、愛すべき助手トマスの目の前で、三人の男が消える。彼らの身に何が起こったのか? 迷信、悪霊、暴力、正義──交錯する語りのなかに、悪夢と現実が溶け合う。ノーベル賞作家・バルガス=リョサの世界を堪能できる一作。
posted by ブラックコーヒー at 19:00| 埼玉 ☔| 書籍情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする