2011年06月22日

「原子力発電は安全なものだと思っていたが、フクシマ以後考えを改めた。

asahi.com(朝日新聞社):ノーベル賞作家「フクシマ以後、原発への考え変えた」 - 文化
昨年ノーベル文学賞を受けたペルーの作家バルガスリョサ氏が20日来日し、東京都内で記者会見した。東日本大震災と原発事故に触れ、「原子力発電は安全なものだと思っていたが、フクシマ以後考えを改めた。科学がいかに安全性を考えても、津波や地震など自然災害はあらゆる予測を上回ってしまう。経済的で安全という考えを見直すべきで、別のエネルギーを探るべきだと思う」と話した。来日は4度目。東京や京都で講演する予定。


バルガスリョサと中南米文学
更新しました。 ↑↑

いろいろな情報があります。

これから講演があるようですのでいってみようと思います。

情報集めなくては。

2010年ノーベル文学賞受賞 マリオ・バルガス=リョサ氏講演会 - 東京大学文学部・大学院人文社会系研究科

6月22日で終わってました。

 llose0622.jpg

(社)ラテン・アメリカ協会 - バルガス=リョサ氏講演会「Observatorio de la lengua espanola en Japon」
こちらは6月24日 京都外国語大学
posted by ブラックコーヒー at 21:53| 埼玉 ☀| Comment(0) | リョサ発言集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

ケイコ・フジモリ大統領候補にきつい一言−バルガス・リョサ氏

【ペルー大統領選】ケイコ・フジモリ氏 父娘大統領へ勢い止まらない+(1/2ページ) - MSN産経ニュース

4月10日に行われた第1回投票での得票率は、1位のウマラ氏が31.6%、2位のケイコ氏が23.5%で、ウマラ氏が約8ポイントリードしていた。ともに貧困層を主な支持基盤にすることから、中間層や白人富裕層からの支持は薄く、昨年ノーベル文学賞を受賞したペルー出身の作家マリオ・バルガス・リョサ氏(75)は「エイズか末期ガン患者の二者択一に等しい」などと問題発言で決選投票を酷評。新聞紙上で論議が巻き起こる一幕もあった。




これじゃ物議を醸しますね、患者の側がね。

結果は

ケイコ・フジモリ氏、大統領選敗北認める : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

5日に行われたペルー大統領選決選投票で、元軍人オジャンタ・ウマラ氏(48)と戦った国会議員ケイコ・フジモリ氏(36)は6日、首都リマ市内で記者会見し、「ペルー国民の意思とウマラ氏の勝利を認める」と述べ、敗北を認めた。  6日夜発表の選管集計(開票率93%)によると、ウマラ氏が得票率51・6%、ケイコ氏が同48・4%となっている。
posted by ブラックコーヒー at 11:45| 埼玉 ☁| Comment(0) | リョサ発言集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

ノーベル賞授賞式でのバルガス・リョサの発言-wikileaksについいて



バルガス・リョサの興味深い発言ですね。

>端的に言えば、国家は非常に脆弱(ぜいじゃく)になり、民主主義の根幹である機構そのものが危機にさらされることになるだろう。

>「最も民主主義の進んだ国家が最も脆弱」な一方で、「(開放性の無い体制を敷く)独裁国家が安泰である」という事実は「逆説的だ」とも付け加えた。

苦悩する文学者。
posted by ブラックコーヒー at 11:38| 埼玉 ☁| Comment(0) | リョサ発言集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする