2010年10月23日

ネルーダと若きリョサ

ラテンアメリカ文学雑記帳――anexo: ■Vargas Llosa y Neruda

晩年のネルーダは、チリの首都サンチアゴから車で二時間ほどのところにある海辺の町イスラ・ネグラで過ごすことが多かったが、太平洋を望む海岸の小高いところに建つ家には、陸に乗り上げた船のおもむきがあったという。そこでときおり宴会が開かれ、美食家のネルーダは、若い作家や芸術家たちに美味な料理とワインをふるまった。ペルーの作家バルガス=リョサも若き日に招かれ、そこここに置かれた蒐集品の数々に感嘆の声をあげたひとりだ。木製の船首像や船の舵(かじ)や羅針盤、色とりどりの瓶や海洋図、マッチ棒でつくった帆船を内蔵したボトルなどなど、「まさしく詩的な空間だった」と述懐している。



若き日のリョサの写真が見られます。

vargallosa-neruda.jpg
posted by ブラックコーヒー at 19:40| 埼玉 ☁| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新刊netのブログパーツを貼る

新刊netというサービスを見つけましたので 登録し ブログパーツをサイトに貼りました。 キーワードを登録しておくとそのキーワードに関連する新刊が発売になると通知してくれます。 発売前の情報も通知してくれるので、すばやく情報を手に入れられそうです。 しばらく使ってみます。 バルガス・リョサについては年末にかけて続々発売されるはずですから。
posted by ブラックコーヒー at 19:20| 埼玉 ☁| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

google検索結果で2ページに

ついに

バルガス・リョサと中南米文学

が「バルガス・リョサ」のキーワードで
Google検索で2ページ目のTOPに来るようになりました。

リンクを貼り、コンテンツを増やした成果がでました。

うれしい!
posted by ブラックコーヒー at 14:48| 埼玉 ☁| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

La Fiesta del Chivo (ヤギの祝宴)のトレイラー映像



La Fiesta del Chivoのトレイラー映像。

暗殺されたドミニカ共和国の独裁者、ラファエル・トルヒーヨ(Rafael Trujillo)の一生を描いたマリオ・バルガス・リョサの同名の小説が原作。

第3回スペイン・ラテンアメリカ映画祭上映作品


125分/ペルー/2006年

1992年、ドミニカ共和国サントドミンゴ。ウラニア(ロッセリーニ)は30年ぶりに生まれ故郷に戻っ
てきた。不興を買うまでは、独裁者トルヒーリョの右腕だった父親は見る影もなくなっている。ウラニアは叔母や従姉妹たちと会い、今まで帰って来ることので
きなかった理由を語りだした。国を去らずにはいられなかった恐ろしい秘密があったのだ。その秘密のせいで彼女の人生はめちゃくちゃになった。また本作は独
裁者に立ち向かった男たちの物語でもある。彼らとウラニアの苦難は、華麗な愛と憎しみ、死と暴力へと結びついていく。原作はマリオ・バルガス・リョサの小
説。
スタッフ
監督:ルイス・リョサ
キャスト
イザベラ・ロッセリーニ

トマス・ミリアン
posted by ブラックコーヒー at 07:56| 埼玉 ☁| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする