2014年09月22日

ノーベル文学賞に最も近い作家たち − 青月社


ノーベル文学賞にもっとも近い作家たち いま読みたい38人の素顔と作品


厳選! ノーベル文学賞に“近い”といわれる作家たち – ガジェット通信

○村上春樹(日本、1949年生まれ)  
言わずと知れた、日本で最も人気のある作家の一人で、2009年2月にはエルサレム賞を受賞するなど海外での評価も高い。代表作は『ねじまき鳥クロニクル』。

○アシア・ジェバール(アルジェリア、1936年生まれ)  
旧フランス植民地であるアルジェリアの出身で、活動拠点はフランス。20歳でフランス文壇に躍り出たときは「アルジェリアのサガン」という異名をとった。代表作は『愛、ファンタジア』。

○ミラン・クンデラ(チェコ、フランス、1929年生まれ)  
『存在の耐えられない軽さ』は日本の読書家たちからも愛されている。彼の大きなテーマの一つは「越境」。物理的な「越境」だけでなく、文学的な横断をし続ける。代表作は『存在の耐えられない軽さ』。

○トマス・ピンチョン(アメリカ、1937年生まれ)  
もしこの人がノーベル文学賞を受賞すれば、「授賞式に姿を表すか」ということに大きな注目が集まるだろう。なぜなら、過去半世紀、人前に姿を表したことのない覆面作家だから。代表作は『メイスン&ディクスン』。

○ボブ・ディラン(アメリカ、1941年生まれ)  
どうしてロックミュージシャンが? と思うことなかれ。彼の詩は、ポピュラー音楽における「歌詞」とは一線を画すものであることから文学的な評価が高い。代表作は「ライク・ア・ローリング・ストーン」。

○カズオ・イシグロ(日本、イギリス、1954年生まれ)  
日本・長崎の生まれだが、5歳の頃に渡英。現代イギリス文学の代表的な存在となっている。『日の名残り』でブッカー賞を受賞。代表作は『日の名残り』。  

他にも本書には世界中の名作家たちが集結している。インドのサルマン・ラシュディ氏、ケニアのグギ・ワ・ジオンゴ氏、もともと記号哲学者として知られていたイタリアのウンベルト・エーコ氏などなど。  

解説だけでなく、どんな作風なのかを示すチャートや代表作も網羅されているので、『ノーベル文学賞にもっとも近い作家たち』は世界文学を読みたいという人にはピッタリな一冊だといえるだろう。



posted by ブラックコーヒー at 16:35| 埼玉 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月12日

ネットワーク社会の可能性「フューチャリストではなくナウイスト」伊藤穣一さんのTEDプレゼン




このTEDの動画にも感動しました。これからの教育のあり方を考えさせられました。

続きがあります。
posted by ブラックコーヒー at 06:00| 埼玉 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

MetaGatewayから投稿

多くのブログサービスがAPIを閉じています。

このブログはどうだったか実験投稿です。


posted by ブラックコーヒー at 21:37| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

CASIO デジタルカメラ EXILIM ZR1000 ホワイト 高速連写 ハイスピード 快適シャッター EX-ZR1000WE










































Amazonより

「快適・キレイ・楽しい」をさらに進化させたチルト液晶搭載のハイスピードエクシリム



   自由なアングルで楽しく、快適に撮影できるデジタルカメラ



■0~180度まで開くチルト液晶搭載で子ども目線、ペット目線で撮影できる

   ローアングルやハイアングル、ウエストレベルなど様々なアングルで撮影が手軽にできる

   【被写体が魅力的に見える、ワンランク上の表現が可能】

   縦でも横でも使える内蔵自立スタンドとの組み合わせで、今までにないスタイルで撮影できる。



   【自分撮り&モーションシャッター】

   液晶を180度動かして自分撮りも楽しめ、モーションシャッター※を使えば、離れていてもカメラに向かって手を振るとその動きを感知してタイマーが作動。

   撮影も再生もカメラに触れずにコントロールができる



※モーションシャッターが使用できる撮影モード:オートモード、プレミアムオートPRO、BSいちおしショット

   カウントダウン秒数は、10秒/2秒/1秒/0.5秒から選択可能。


[画像を拡大して見る]



■突然のシャッターチャンスを逃さない快速シャッター

   撮影間隔約0.26秒(CIPA規格による)という驚異的な高速レスポンスを実現

   撮影後、すぐに次のシャッターを押すことができるので、ストレスなく撮影が可能

   突然のシャッターチャンスも逃さない


[画像を拡大して見る]



■逆光でも夜景でも簡単キレイに撮れるプレミアムオートPRO

   目の前のシーンをすばやく自動判定、シャッターを押すだけでキレイに撮れる。



   【逆光でもキレイ】

   カメラが「逆光+人物」と判定すると、顔はメイクアップモードで明るくなめらかな肌に、青空や木々の緑は風景メイクアップでより鮮やかに写す。

   明暗差の大きなシーンでは自動でHDR(ハイダイナミックレンジ)で白とび、黒つぶれを防いでキレイに撮影。



   【夜景もキレイ】

   夜景+人物の撮影シーンでは、手持ち撮影でも、手ブレやノイズを抑えた美しい夜景写真に仕上げます。

   顔はメイクアップモードでフラッシュによるテカリを抑えた、自然な肌に。



   【遠く離れた夜景も手持ちでブレずにキレイ】

   手ブレしやすいズーム撮影や夜景撮影でも光学手プレ補正と高速連写合成を組み合わせることでキレイに撮影することができる。



   【動いていてもキレイ】

   動く被写体を検出し、シャッタースピードを上げることで被写体ブレを防ぐ。



   【近くによってもキレイ】

   カメラの近くに被写体を見つけると自動でマクロモードに設定し、フラッシュを調整。


[画像を拡大して見る]



■全焦点マクロ&背景ぼかし

   マクロから無限遠までピントが合う『全焦点マクロ』

   ピントをずらしながら撮影した連写画像を合成して、マクロ撮影でも手前から背景までピントの合った写真が撮影できる。



   被写体の存在感が際立つ『背景ぼかし』

   連写合成技術を応用して、一眼レフのように美しく背景をぼかした、本格撮影が可能。

   3段階のレベル調整ができる。


[画像を拡大して見る]



■コンパクトなボディに光学12.5倍&25倍プレミアムズームを搭載

   光学ズーム倍率の約2倍まで、キレイな画質のままズームアップできるプレミアムズームを搭載。

   超解像技術により、光学ズーム端から約2倍まで、解像感のある高品位な画質のままズーム倍率の伸長が可能。



■肌を美しく撮るメイクアップモード

   人物の顔を見つけると自動で起動し、肌をより明るく、なめらかに表現。

   さらに、デジタルファンデーションでは撮影時に生じる不自然なテカリをナチュラルな印象に調整し

   みずみずしい美肌に写します。メイクアップのレベルは12段階から選べる



■ワンシャッターで撮りたい瞬間を逃がさない秒間30枚※の高速連写

   16Mサイズで秒間30枚※の高速連写を実現。

   一眼レフを遥かに超える性能で、高速で動く被写体や決定的な瞬間をとらえることができる。

   子供やペットなどの一瞬の表情も逃しません。



※撮影できる枚数は最大30枚まで



商品の説明

CASIO デジタルカメラ EXILIM ZR1000 ホワイト 高速連写 ハイスピード 快適シャッター EX-ZR1000WEこの心地よさは進化する。もっとサクサク撮るためのカタチへ。

●「EXILIMエンジンHS Ver.3」2つの画像処理回路から生まれる高速性能。グラフィックコアを新たに搭載。

●ハイスピードだから快適!サクサク撮れて気持ち良い。狙った瞬間も逃さない。

●「プレミアムオートPRO」目の前のシーンをすばやく自動判定。シャッターを押すだけでキレイに撮れる。

●「チルト液晶/モーションシャッター」180度まで開くチルト液晶なら、様々なアングルで楽しく撮れる。

●自分の意図した通りに写真撮影を楽しめるマニュアル撮影やRAW画像撮影モードを搭載。














商品のページ



posted by ブラックコーヒー at 15:26| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

舟を編む







受賞歴

2012年本屋大賞 大賞受賞



内容紹介

玄武書房に勤める馬締光也は営業部では変人として持て余されていたが、新しい辞書『大渡海』編纂メンバーとして辞書編集部に迎えられる。個性的な面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。言葉という絆を得て、彼らの人生が優しく編み上げられていく。しかし、問題が山積みの辞書編集部。果たして『大渡海』は完成するのか──。言葉への敬意、不完全な人間たちへの愛おしさを謳いあげる三浦しをんの最新長編小説。


商品のページ



posted by ブラックコーヒー at 14:39| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする