2011年06月22日

「原子力発電は安全なものだと思っていたが、フクシマ以後考えを改めた。

asahi.com(朝日新聞社):ノーベル賞作家「フクシマ以後、原発への考え変えた」 - 文化
昨年ノーベル文学賞を受けたペルーの作家バルガスリョサ氏が20日来日し、東京都内で記者会見した。東日本大震災と原発事故に触れ、「原子力発電は安全なものだと思っていたが、フクシマ以後考えを改めた。科学がいかに安全性を考えても、津波や地震など自然災害はあらゆる予測を上回ってしまう。経済的で安全という考えを見直すべきで、別のエネルギーを探るべきだと思う」と話した。来日は4度目。東京や京都で講演する予定。


バルガスリョサと中南米文学
更新しました。 ↑↑

いろいろな情報があります。

これから講演があるようですのでいってみようと思います。

情報集めなくては。

2010年ノーベル文学賞受賞 マリオ・バルガス=リョサ氏講演会 - 東京大学文学部・大学院人文社会系研究科

6月22日で終わってました。

 llose0622.jpg

(社)ラテン・アメリカ協会 - バルガス=リョサ氏講演会「Observatorio de la lengua espanola en Japon」
こちらは6月24日 京都外国語大学
posted by ブラックコーヒー at 21:53| 埼玉 ☀| Comment(0) | リョサ発言集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。