2015年05月12日

[本の紹介]春の祭典 アレホ・カルペンティエール (著)

春の祭典
春の祭典
posted with amazlet at 15.05.07
アレホ・カルペンティエール Alejo Carpentier 柳原 孝敦
国書刊行会
売り上げランキング: 651,183


内容(「MARC」データベースより)
ロシア革命・スペイン内戦からキューバ革命に至る「戦争の世紀」を活写。「歴史」によって運命を修正され、それを受け入れざるを得なかった者たちの姿を描く。ラテンアメリカ文学における『戦争と平和』とも言うべき巨編。
posted by ブラックコーヒー at 12:00| 埼玉 ☔| 書籍情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

[本の紹介] ラテンアメリカ主義のレトリック

ラテンアメリカ主義のレトリック
柳原 孝敦
エディマン
売り上げランキング: 733,143


内容(「BOOK」データベースより)
ラテンアメリカは「政治」において敗北し、「芸術」において勝利するか!?詩人、革命家、知識人らが夢想した夢幻のコミューンのイデオロギー。近代ナショナリズムを肥大化させたメディアと踊った「言説」の群れを追う。
posted by ブラックコーヒー at 12:00| 埼玉 ☔| 書籍情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

[本の紹介]ジャガーの微笑―ニカラグアの旅 (越境の文学 文学の越境)

ジャガーの微笑―ニカラグアの旅 (越境の文学 文学の越境)
サルマン・ラシュディ
現代企画室
売り上げランキング: 1,252,789


内容紹介
インドに生まれ、パキスタンにも暮らし、今はイギリスに帰化して作家生活をおくるラシュディ。南と北の現実を身をもって見据えてきた彼は、大国(米国)の包囲下で革命の道を歩むニカラグアの現実(1986年)を独特の視点から見つめる。『悪魔の詩』に先立って書かれた興味あふれる旅行記。
posted by ブラックコーヒー at 12:00| 埼玉 ☔| 書籍情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

[本の紹介]物語ラテン・アメリカの歴史―未来の大陸 (中公新書)

物語ラテン・アメリカの歴史―未来の大陸 (中公新書)
増田 義郎
中央公論社
売り上げランキング: 66,128


内容(「BOOK」データベースより)
かつては高度の神殿文化を生み出しながら、16世紀以来ラテン・アメリカは常に外部の世界に従属してきた。スペイン、ポルトガルの征服と植民地支配、イギリスはじめ列強の経済的支配、アメリカの政治的影響。独立後も独裁制から民主制へ、統制経済から自由経済へと激動が続く。ラテン・アメリカ諸国は共通の文化的伝統を基盤に、いかに苦悩の歴史と訣別し、自立と自己表現を達成するか。恐竜の時代から現代まで、長大なタイムスケールで描く。
posted by ブラックコーヒー at 12:00| 埼玉 ☔| 書籍情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

[本の紹介]物語ラテン・アメリカの歴史―未来の大陸 (中公新書)

物語ラテン・アメリカの歴史―未来の大陸 (中公新書)
増田 義郎
中央公論社
売り上げランキング: 66,128


内容(「BOOK」データベースより)
かつては高度の神殿文化を生み出しながら、16世紀以来ラテン・アメリカは常に外部の世界に従属してきた。スペイン、ポルトガルの征服と植民地支配、イギリスはじめ列強の経済的支配、アメリカの政治的影響。独立後も独裁制から民主制へ、統制経済から自由経済へと激動が続く。ラテン・アメリカ諸国は共通の文化的伝統を基盤に、いかに苦悩の歴史と訣別し、自立と自己表現を達成するか。恐竜の時代から現代まで、長大なタイムスケールで描く。
posted by ブラックコーヒー at 12:00| 埼玉 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月07日

[本の紹介]収奪された大地―ラテンアメリカ500年

収奪された大地―ラテンアメリカ500年
エドゥアルド ガレアーノ
藤原書店
売り上げランキング: 368,797


内容(「MARC」データベースより)
世界史や官製の歴史が無視、あるいは隠蔽してきた無数の事実をちりばめながら、過去五百年の永きに渡ってラテンアメリカが外国によって開発=収奪されてきたさまを、描き出したラテンアメリカ史の古典。1986年刊の新装版。


posted by ブラックコーヒー at 18:14| 埼玉 ☔| 書籍情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【中南米文学】ラテンアメリカ傑作短編集: 中南米スペイン語圏文学史を辿る



ボルヘス、マルケスらのマジックリアリズムだけではない「ラテンアメリカ」文学の特徴と文学史的変遷が、
作品を通してわかるよう編纂されたユニークな傑作短編集。

内容(「BOOK」データベースより)
スペイント語圏ラテンアメリカ短編文学のはじまりともいえる重要作品「屠場」をはじめ、幻想的な「ルビー」「赤いベレー」「新しい島々」、大地の渇きが伝わる「インディオの裁き」「その女」など、ロマンチシズムからモデルニズモ、クリオーリョ主義、実存主義までの多彩な傑作短編を、文学の発展過程を見通せるように編纂。本邦初紹介作品を含む、心を打つ名作18編。



posted by ブラックコーヒー at 18:06| 埼玉 ☔| 書籍情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月02日

[リョサの本]誰がパロミノ・モレーロを殺したか (ラテンアメリカ文学選集 6)

誰がパロミノ・モレーロを殺したか (ラテンアメリカ文学選集 6)
マリオ バルガス・リョサ
現代企画室
売り上げランキング: 1,045,913


内容紹介
初期の傑作『緑の家』から20年後、あの懐かしき砂漠の町ピウラや主人公リトゥーマを再登場させて、推理小説仕立てのエンターティンメントの世界に新しい境地を開く。
posted by ブラックコーヒー at 12:00| 埼玉 ☔| 書籍情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月01日

[リョサの本]フリアとシナリオライター

フリアとシナリオライター (文学の冒険シリーズ)
マリオ バルガス=リョサ
国書刊行会
売り上げランキング: 736,784


内容(「BOOK」データベースより)
結婚式当日に突然昏倒した若く美しき花嫁。泥酔して花婿を殺そうとする花嫁の兄。一体ふたりの間には何があったのか!?巡回中のリトゥーマ軍曹が見つけた正体不明の黒人。彼の殺害を命じられた軍曹は果して任務を遂行することができるのか!?ネズミ駆除に執念を燃やす男と彼を憎む妻子たち。愛する家族に襲撃された男は果して生き延びることができるのか!?ボリビアから来た“天才”シナリオライター、ペドロ・カマーチョのラジオ劇場は、破天荒なストーリーと迫真の演出でまたたく間に聴取者の心をつかまえた。小説家志望の僕はペドロの才気を横目に、短篇の試作に励んでいる。そんな退屈で優雅な日常に義理の叔母フリアが現れ、僕はやがて彼女に恋心を抱くようになる。一方精神に変調を来したペドロのラジオ劇場は、ドラマの登場人物が錯綜しはじめて…。『緑の家』や『世界終末戦争』など、重厚な全体小説の書き手として定評のあるバルガス・リョサが、コラージュやパロディといった手法を駆使してコミカルに描いた半自伝的スラプスティック小説。
posted by ブラックコーヒー at 12:00| 埼玉 ☔| 書籍情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。