2013年05月11日

CASIO デジタルカメラ EXILIM ZR1000 ホワイト 高速連写 ハイスピード 快適シャッター EX-ZR1000WE










































Amazonより

「快適・キレイ・楽しい」をさらに進化させたチルト液晶搭載のハイスピードエクシリム



   自由なアングルで楽しく、快適に撮影できるデジタルカメラ



■0~180度まで開くチルト液晶搭載で子ども目線、ペット目線で撮影できる

   ローアングルやハイアングル、ウエストレベルなど様々なアングルで撮影が手軽にできる

   【被写体が魅力的に見える、ワンランク上の表現が可能】

   縦でも横でも使える内蔵自立スタンドとの組み合わせで、今までにないスタイルで撮影できる。



   【自分撮り&モーションシャッター】

   液晶を180度動かして自分撮りも楽しめ、モーションシャッター※を使えば、離れていてもカメラに向かって手を振るとその動きを感知してタイマーが作動。

   撮影も再生もカメラに触れずにコントロールができる



※モーションシャッターが使用できる撮影モード:オートモード、プレミアムオートPRO、BSいちおしショット

   カウントダウン秒数は、10秒/2秒/1秒/0.5秒から選択可能。


[画像を拡大して見る]



■突然のシャッターチャンスを逃さない快速シャッター

   撮影間隔約0.26秒(CIPA規格による)という驚異的な高速レスポンスを実現

   撮影後、すぐに次のシャッターを押すことができるので、ストレスなく撮影が可能

   突然のシャッターチャンスも逃さない


[画像を拡大して見る]



■逆光でも夜景でも簡単キレイに撮れるプレミアムオートPRO

   目の前のシーンをすばやく自動判定、シャッターを押すだけでキレイに撮れる。



   【逆光でもキレイ】

   カメラが「逆光+人物」と判定すると、顔はメイクアップモードで明るくなめらかな肌に、青空や木々の緑は風景メイクアップでより鮮やかに写す。

   明暗差の大きなシーンでは自動でHDR(ハイダイナミックレンジ)で白とび、黒つぶれを防いでキレイに撮影。



   【夜景もキレイ】

   夜景+人物の撮影シーンでは、手持ち撮影でも、手ブレやノイズを抑えた美しい夜景写真に仕上げます。

   顔はメイクアップモードでフラッシュによるテカリを抑えた、自然な肌に。



   【遠く離れた夜景も手持ちでブレずにキレイ】

   手ブレしやすいズーム撮影や夜景撮影でも光学手プレ補正と高速連写合成を組み合わせることでキレイに撮影することができる。



   【動いていてもキレイ】

   動く被写体を検出し、シャッタースピードを上げることで被写体ブレを防ぐ。



   【近くによってもキレイ】

   カメラの近くに被写体を見つけると自動でマクロモードに設定し、フラッシュを調整。


[画像を拡大して見る]



■全焦点マクロ&背景ぼかし

   マクロから無限遠までピントが合う『全焦点マクロ』

   ピントをずらしながら撮影した連写画像を合成して、マクロ撮影でも手前から背景までピントの合った写真が撮影できる。



   被写体の存在感が際立つ『背景ぼかし』

   連写合成技術を応用して、一眼レフのように美しく背景をぼかした、本格撮影が可能。

   3段階のレベル調整ができる。


[画像を拡大して見る]



■コンパクトなボディに光学12.5倍&25倍プレミアムズームを搭載

   光学ズーム倍率の約2倍まで、キレイな画質のままズームアップできるプレミアムズームを搭載。

   超解像技術により、光学ズーム端から約2倍まで、解像感のある高品位な画質のままズーム倍率の伸長が可能。



■肌を美しく撮るメイクアップモード

   人物の顔を見つけると自動で起動し、肌をより明るく、なめらかに表現。

   さらに、デジタルファンデーションでは撮影時に生じる不自然なテカリをナチュラルな印象に調整し

   みずみずしい美肌に写します。メイクアップのレベルは12段階から選べる



■ワンシャッターで撮りたい瞬間を逃がさない秒間30枚※の高速連写

   16Mサイズで秒間30枚※の高速連写を実現。

   一眼レフを遥かに超える性能で、高速で動く被写体や決定的な瞬間をとらえることができる。

   子供やペットなどの一瞬の表情も逃しません。



※撮影できる枚数は最大30枚まで



商品の説明

CASIO デジタルカメラ EXILIM ZR1000 ホワイト 高速連写 ハイスピード 快適シャッター EX-ZR1000WEこの心地よさは進化する。もっとサクサク撮るためのカタチへ。

●「EXILIMエンジンHS Ver.3」2つの画像処理回路から生まれる高速性能。グラフィックコアを新たに搭載。

●ハイスピードだから快適!サクサク撮れて気持ち良い。狙った瞬間も逃さない。

●「プレミアムオートPRO」目の前のシーンをすばやく自動判定。シャッターを押すだけでキレイに撮れる。

●「チルト液晶/モーションシャッター」180度まで開くチルト液晶なら、様々なアングルで楽しく撮れる。

●自分の意図した通りに写真撮影を楽しめるマニュアル撮影やRAW画像撮影モードを搭載。














商品のページ



posted by ブラックコーヒー at 15:26| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

舟を編む







受賞歴

2012年本屋大賞 大賞受賞



内容紹介

玄武書房に勤める馬締光也は営業部では変人として持て余されていたが、新しい辞書『大渡海』編纂メンバーとして辞書編集部に迎えられる。個性的な面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。言葉という絆を得て、彼らの人生が優しく編み上げられていく。しかし、問題が山積みの辞書編集部。果たして『大渡海』は完成するのか──。言葉への敬意、不完全な人間たちへの愛おしさを謳いあげる三浦しをんの最新長編小説。


商品のページ



posted by ブラックコーヒー at 14:39| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

カラマゾフの兄弟 完全版







内容紹介

――――――――――――――――――――――――――

ロシアの文豪ドストエフスキーの放つミステリー問題作!

――――――――――――――――――――――――――



世界的問題作! 超心理ミステリー!!

テレビで話題沸騰中!!



父親殺しの嫌疑をかけられた三兄弟の長男、ドミトリイは自らの潔白を強く訴え続ける。

三兄弟と、三兄弟に関わる人間たちには様々な思惑が見え隠れし……!?





<目次>

◇第一篇 ある家の歴史

一 フョードル・パーヴロヴィッチ・カラマゾフ

二 長男を追い立てる

三 再婚と腹違い

四 三男アリョーシャ

五 長老



◇第二篇 お門違いな寄り合い

一 修道院に着く

二 老いたる道化

三 信心深い女たち

四 信心の薄い婦人

五 アーメン・アーメン

六 何のためにこんな人間が生きているのだ!

七 野心家の神学生

八 醜態



◇第三篇 淫蕩な人たち

一 従僕の部屋にて

二 リザヴェータ・スメルジャシチャヤ

三 熱烈なる心の懺悔――詩

四 熱烈なる心の懺悔――逸話

五 熱烈なる心の懺悔――『まっさかさま』

六 スメルジャコフ

七 論争

八 コニャクを飲みながら

九 淫蕩《いんとう》な人たち

一〇 女二人が

一一 さらに一つの滅びたる名誉



◇第四篇 破裂

一 フェラポント長老

二 父のもとにて

三 小学生の仲間に

四 ホフラーコワ家にて

五 客間における破裂

六 小屋における破裂

七 清らかなる外気のうちに



◇第五篇 Pro et contra

一 婚約

二 ギターをもてるスメルジャコフ

三 兄弟相知る

四 謀叛《むほん》

五 大審問官

六 いまださほどに明らかならず

七 『賢い人と話す興味』



◇第六篇 ロシアの修道僧

一 ゾシマ長老のお客たち

二 大主教ゾシマ長老の生涯

(一) ゾシマ長老の年若き兄

(二) ゾシマ長老の生ける日の聖書について

(三) 俗世にありしゾシマ長老の若き日の思い出

(四) 不思議な訪客

三 ゾシマ長老の清話と教え

(五) ロシアの僧侶とその累の意義

(六) 主人と下僕、主人および下僕は精神上相互に同胞となり得るかという問題についての管見

(七) 祈り、愛、他界との接触

(八) 同胞を裁くことができるか? 最後までの信仰について

(九) 地獄および地獄の火について、神秘的考察



◇第七篇 アリョーシャ

一 腐臭

二 かかる時

三 葱

四 ガリラヤのカナ



◇第八篇 ミーチャ

一 クジマ・サムソノフ

二 レガーヴイ

三 金鉱

四 暗闇の中で

五 出来心

六 おれ様の御入来だ

七 元の、まぎれもない男

八 夢うつつ



◇第九篇 予審

一 官氏ペルホーチン出世のいとぐち

二 恐惶

三 魂の試練の道 第一の試練

四 第二の試練

五 第三の試練

六 八方ふさがり

七 ミーチャの大きな秘密

八 証人の陳述、餓鬼

九 ミーチャ護送さる



◇第十篇 男の子たち

一 コォリャ・クラソートキン

二 幼児たち

三 小学生

四 ジューチカ

五 イリューシャの寝台を囲んで

六 早熟

七 イリューシャ



◇第十一篇 兄イワン・フョードロヴィッチ

一 グルーシェンカのもとにて

二 病める足

三 小悪魔

四 讃美歌と秘密

五 あなたではない!

六 スメルジャコフとの最初の会見

七 二度目の会見

八 三度目の最後の会見

九 悪魔、イワン・フョードロヴィッチの悪夢

10 『それは、あいつが言ったんだ』



◇第十二篇 誤れる裁判

一 運命の日

二 危険な証人

三 医学鑑定と一フントの胡桃

四 幸運は開ける、ミーチヤに

五 不意の椿事

六 検事の論告、性格諭

七 経過の概略

八 スメルジャコフ論

九 全速力で心理解剖。駆けり行くトロイカ。検事論告の結末

10 弁護士の弁論

11 金はなかった。強盗ざたもなかった

12 それに人殺しもなかった

13 思想の姦通者

14 百姓たちは頑張った



◇エピローグ

一 ミーチャを救う計画

二 嘘が本当になった瞬間

三 イリューシャの埋葬。石のそばの演説



略注


商品のページ



posted by ブラックコーヒー at 17:57| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする